トップ 不動産屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判不動産屋に関する予備知識 > 知っておきたい不動産用語【その1】

知っておきたい不動産用語【その1】

知っておきたい不動産用語【その1】の画像

物件探しや契約時に出てくる重要な用語を一通り押さえておくことにしましょう。

まず、1つ目の“賃貸契約書”は貸し主と借り主とで交わされた賃貸の契約内容を記載した書類で、
これには“特約条項”という欄があって、この欄に記載があるかどうか借り主は確認しておく必要があります。

数年前の新聞に、「退去の際に返還される敷金から、変色した襖や床の修理代30万円が差し引かれていた」という件に関する訴訟が、最高裁にまで持ち込まれたことが載っていました。

借り主側の言い分は「時間の経過とともに変色したもので、特に自分側に落ち度があるわけではないので支払う義務はないはずだ」というもので、貸し主側は「契約時に渡した“賃貸契約書”の“特約条項”に、生活によって自然に変色する襖や床の補修費用は入居者が負担することが明記されているではないか」というものでした。

この判決結果は、「いくら“特約条項”に記載されていたとしても、契約の時点で貸し主が借り主にきちんと説明をして納得させ、両者の合意が得られていなければ無効となる」というもので、結局借り主側が勝ったのですが、このような大きな問題に発展すると厄介なので、契約の時点で一通り目を通して確認しておく必要があります。

2つ目の“契約期間”は、賃貸契約の際に契約書に記載されているもので最近では“2年契約”というのが多いようで、継続して借りる場合は契約更新が必要となるために契約満了日の1ヶ月から2ヶ月前になると、通常は貸し主や管理会社から借り主へ契約するかどうかを確認する通知が届きます。

契約更新の際には、新家賃の1ヶ月分が更新料として貸し主から請求されますが、これは半分が不動産屋へ更新事務手数料として支払われています。

3つ目の“連帯保証人”は、通常の保証人とは違って借り主や家賃を支払えない場合には肩代わりする義務があります。

一般には親や親戚などになってもらうことが多く、契約の際には“連帯保証人”の署名と実印および実印の印鑑証明が必要になります。

スマホ用

今日のお勧め記事 ⇒ 知っておきたい不動産用語【その2】

4つ目の“礼金”は契約時に貸し主にお礼の意味で支払うお金で、相場は家賃の1ヶ月~2ヶ月分程度となっています。 敷金と違って退去時に返還されることはありません。 この“礼金”というのは、そもそも戦後の東京で行われていた習慣で、一面焼け野原で住むところがなかった人たちが部屋を貸してくれた貸し主にお礼の気持ちを込めて渡していたものですが、それがいつの間にか当たり前のようになって今日に至っています。 地方によっても異なりますが、最近では“礼金”が必要のないところも多く、大手の不動産

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。