トップ 不動産屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判不動産屋選びのコツ > 見極めポイント【その1】

見極めポイント【その1】

見極めポイント【その1】の画像

“質の良い不動産屋”の見極めポイントの1つ目は「借り手の気持ちを汲もうとする誠意を感じられるかどうか」という点です。

個人的な話になってしまいますが、4年前の長男の部屋探しのときに担当してくれた不動産屋さんは、こちらがお願いしたわけでもないのに話が決まりかけた瞬間に、「ご両親が遠くから来られているので、もう少しだけでも家賃を安くしてあげましょうよ!」と大家さんに値下げを持ちかけてくれました。

おそらく交渉にもタイミングがあって、私たちを担当してくれた不動産屋さんは「 “決まりかけた瞬間”という最も成功率の高い時点に交渉を持ちかけると成功する」というのを心得ていたのではないかと思われますが、値下げ交渉をしてくれなくても契約することはほぼ分かっていて、特に自分の得になるわけでもないのに敢えてやってくれたということがとても嬉しかったのを今でもはっきりと覚えています。

そして驚いたと同時に、私たちに対する誠意を感じて「良い人に担当してもらえて良かった!」という安心感と満足感を得ることができたのでした。

最近では雑誌やインターネットで物件を簡単に探すことができますが、“おとり広告”と言って客寄せのための架空広告が掲載されていることもあるので

とりあえず相場を調べる程度にしておいて、次の、不動産屋へ足を運ぶ段階では前もって電話をして物件に関する質問をどんどんぶつけてみて、それに対して一番納得のいく対応をしてくれたところから順に行ってみるのが良いのではないかと思います。

電話は顔が見えなくて声の調子や話の内容に集中できるだけに、質問に対する誠実さもより確かなものを感じられるはずです。

1つ気をつけないといけないのは、電話で対応してくれた人と実際に担当してくれる人が違う場合はそのチェックも意味がなくなってしまうので、自分の中で「合格!」と判断したらとりあえず名前を聞いて実際に訪問した際には担当してもらえるのかどうかも確認しておいた方が良いでしょう。

スマホ用

今日のお勧め記事 ⇒ チェックポイント【その5】

4つ目に人気の高い“インターネットの共同設備”は、マンション内にインターネットと接続したLANを構築して、各部屋にコンピュータと接続させるためのモジュラジャックを設置することによって光ファイバーによる高速インターネットを可能にしたもので、通常の1戸建住宅の場合であれば外のアクセスポイントから数kmにわたる光ファイバーの線をそれぞれの住宅に取り付けなければなりませんが、マンションの場合は大容量の光ファイバーを外から1本取り付けることによって棟内の全戸のインターネット接続が可能

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。