トップ 不動産屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判不動産屋選びのコツ > 見極めポイント【その2】

見極めポイント【その2】

見極めポイント【その2】の画像

“質の良い不動産屋”の見極めポイントの2つ目は、「物件に対する豊富な知識をもっている」という点です。

ところで不動産屋には“都市型”と“地方型”とがあって、どちらかというと地域に密着した昔ながらの“地方型”の不動産屋の方が紹介してくれる物件に関する知識も深くて豊富で、新築物件や最新の物件、掘り出し物件があるのもこちらの不動産屋ですが、見知らぬ土地に行っていきなりこのタイプの不動産屋に飛び込んでも満足の得られるような物件を探し当てることができないかも知れません。

なぜなら、“地方型”の不動産屋は貸し主である大家さんとの付き合いが深いことが多く「良い入居者を紹介してあげなければならない」という大家さんに対する気遣いが強い場合が多いので、入居希望者の態度や服装などに関してもつい厳しくなりすぎて、そのことがぶっきらぼうな態度として表れたりすることもあるからです。

また営業のエリアも比較的深くて狭いために、土地のことをあまり知らないで多くの物件を比較して選びたいと思う人よりも、地域のことをよく知っていて訪れた不動産屋が得意とするエリアのどこどこに絞って探しているというところまではっきりしている人に適していると言えます。

そこで“その土地の初心者”の場合は、都市の主要駅近辺にある“都市型”の不動産屋を利用することをおすすめします。

こちらのタイプの不動産屋の営業マンは、物件に関しては知識が浅いことが多いのですが接客のノウハウを身に付けていて初心者にも親切で丁寧ですので、めぼしを付けた物件の知りたい情報をすべて伝えておいて、後日電話やメールなどで連絡してもらうように頼んでも、おそらく快く引き受けてくれるだろうと思われます。

「物件に対する知識が浅い」という“都市型”の不動産屋の弱みは、このようにして解決することもできますし、沿線付近に関しては広い範囲の情報をもっているので「○○に短時間で通える範囲で、これくらいの予算で探してください」といった抽象的な依頼に対しても的確な回答を期待できるでしょう。

スマホ用

今日のお勧め記事 ⇒ 見極めポイント【その2】

“質の良い不動産屋”の見極めポイントの2つ目は、「物件に対する豊富な知識をもっている」という点です。 ところで不動産屋には“都市型”と“地方型”とがあって、どちらかというと地域に密着した昔ながらの“地方型”の不動産屋の方が紹介してくれる物件に関する知識も深くて豊富で、新築物件や最新の物件、掘り出し物件があるのもこちらの不動産屋ですが、見知らぬ土地に行っていきなりこのタイプの不動産屋に飛び込んでも満足の得られるような物件を探し当てることができないかも知れません。 なぜなら、“

不動産屋さんナビ/不動産業者の口コミと評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。